自転車日本縦断の旅  喜びも悲しみもペダルにあり...

自転車日本縦断の旅  喜びも悲しみもペダルにあり...
旅人「じゅん」が自転車で日本縦断をした時の記録を中心に日記や旅の情報をお伝えします。

【自転車日本縦断の旅】愛車紹介 5

cannondale(キャノンデール)M700


キャノンデール独特の太いアルミフレームがいつ見てもカッコいい!
なんて思ってます。

チャリダーの友達から安く譲ってもらった自転車で、
サスペンションの無い古いマウンテンバイクですが、
結果的にこれが自転車日本縦断の旅には最適だったと思いました。


何が良かったかと言うと、


・耐久性が良い!

MTBであるのでフレームやタイヤが太くブレーキもしっかりしています。

中古で買ってこの旅の前にも色々な所に行っていたのにも係わらず
今回の旅でも大きなトラブルは全く無し!
強いて言えば釘を踏んでパンクした事と北海道に入ってダートで
キャリアが折れた事位かな?
どちらも自転車本体とは関係ありませんね!


・最低のギア比が低い

これもMTBならではの特徴ですが、
最低のギア比が1以下とかなり低くなっています。

旅で使う前は「こんなギア使わんやろ!」
って言いたくなる程低いのですが、
荷物を満載した自転車は想像以上に重くこのギアが重宝しました。


・サスペンションが無い事

最近のMTBには殆どサスペンションが付いていますが、
普通の旅ではまず要りません!
しかも、サスペンションがあると取り付けられるキャリアが限定されたり、
登り坂で力をとられたりしてあまり良くないようです。


・有名だけど乗っている人が少ないメーカー

この自転車に乗っているとたまに自転車に詳しい人から
「キャノンデールですか?」とか声をかけられます。

利点と言えるかどうか微妙ですが、
旅先で人から声をかけられるのは嬉しいものです。
これはキャノンデールでなくても変わった名前の自転車や
珍しい自転車でも相手から話し掛けてきますので楽しいですよ!


この自転車、買った当時はそんな旅向きな自転車だと全く思いませんでした。
乗る度にその良さを知り、愛着が湧いてきます。
古い自転車ですが永く乗っていきたいと思います。


自転車日本縦断の旅

人気blogランキングへ

トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔